検証・その他

アクアリウムのファンを選ぶときにおすすめの動画記事!

更新日:


アクアリウムの水温対策、ファン!
ファンを選ぶのに参考になる動画まとめ。
おすすめ・必見の動画を集めました。

 

アクアリウムで水温が上昇しやすい夏!
ファンは水温を下げる器具として最も利用されているものです。アクアクーラーは高価だし場所も取りますからね(;´・ω・)
おすすめのファンといってもアクアリウム環境によっては設置できなかったりすることもあります。一概に「これがおすすめです!」と言ってもスペースが確保できずに設置できないことも。

今回はアクアリウムのファンを選ぶうえで参考になる動画をいくつも準備しました!ファンのサイズや騒音、水温下げ効果、設置スペースなどいろんな参考になるものばかりです。それぞれの動画にアクアリストでもある私のコメントもつけているのでそちらも参考にしてみてください(^^♪

 




 

2種のアクアリウムファンを比べた動画

まずは「GEX アクアクールファン レギュラー」と「AQUA GEEK クールブラスト」を比較した動画です。動画の前半では簡単な商品説明がありますが、アクアリウムのファンのサイズが把握できる内容になっています。

動画の11分すぎたあたりから騒音のテストが始まりますよ(^^♪

 

アクアリウムのファンの検証はいかがでしたか?
クールブラストは騒音はサイズ通りそれなりにありますね。風量も強で4.7mということでした。これに比べてもう一つはどうだったかというと…
アクアクールファンのほうは騒音が少ない割には風量はあまり大差のない4.2mでしたね。

ファンのサイズが違う割には風量がほとんど変わりありませんでした。
ファンから作られる風が直接あたるのと、ファンの風が筒を経由してでるのではやはり直接ファンの風が当たるほうがいいのでしょうね。

この動画だけでアクアリウムのファンをお勧めするなら、やや風が弱いものの音の小さく設置スペースもとらないアクアクールファンです(^^♪
アクアクールファンのサイズもコンパクト・レギュラー・ビッグがあるようです。

そういえば最後に逆サーモがしょうかいされていましたね。逆サーモとはファンに接続して使用するもので、水温が設定温度まで下がったらファンを自動的にストップさせるものです。アクアリウムのヒーターにもサーモ付きで水温上昇を抑えるものがありますよね。その水温低下バージョンですね。

 

 

 

おすすめのファン【テトラ社】

今度おすすめしたい候補のファンは「テトラ クールファン」です。この動画では騒音は測定されていませんが、大型のファンですしふたつもファンがつくので音は上記のものよりも大きいのではないかと予測できますね。

とはいえ大型ファンが2つもついて、ファンの風を直接水面に当てることができるので効果が大きいのも期待できそうです(^^♪
それではアクアリウムのファンでおすすめのひとつ、テトラクールファンの動画です。

 

ファンが大きいのでやはりちょっと設置場所には工夫が必要なようですね(;´・ω・) マイクの位置もあるのかもしれませんが騒音もやはりそこそこありますね(;'∀')
しかし私はちょうどこれと同じものを使用していますが、生活に支障が出るような大きさではないですよ(笑)

アクアクールファンの動画でもありましたが水温を下げる能力は高いのを私も感じています。今回の動画の検証結果としては28.8℃の水温は3時間半で25.2度まで下がりましたね(^^♪
これだけ下がれば充分でしょう!むしろこれより下げる意味はない…

アクアクールファンは1個だけのものもありますが、2個セットのものもあります。水槽のサイズなどで選ぶといいでしょう。今回は2個付セットで逆サーモ装備のアクアリウムファンを掲載しておきます。

 

 

おすすめのファン ピタッとファン

ピタッとファンははじめに紹介したタイプのファンにそっくりですがコンパクトになっていますね。この動画ではSサイズが使用されていますがMサイズもあるので、Mになればやはりサイズも少し大きくなるでしょうね。

それではピタッとファンの効果を確認してみましょう。

 

さぼりさん?の声が目立つからか、ファンの騒音はあまり気になりませんでしたね(笑)小型水槽に小型ファンということで考えればそこそこの冷却効果ですが、もちょっと冷却してほしい印象もあります(;'∀')

60㎝水槽にピタッとファンのMを使用したときに同じように下げれるのかどうかが心配です。ファンも極端に大きくなることはないでしょうから。
とはいえ、水槽上部のスペースをほとんど必要としないので、水槽上部のスペースがあまり確保できない場合はピタッとファンが高価を発揮しそうです(^^♪

 

 

まとめ・コメント

今回はアクアリウムでおすすめされている主流のファンばかりが登場しました。紹介した動画から私が出した答えは以下のようなものです。

  • 水槽上部スペースが確保できるなら逆サーモ付きテトラクールファン。(ちょっと音が大きいかも?)
  • 上部スペースが確保できないならピタッとファン!(水温下げる効果がちょっと心配?)

とりあえずはこの2点ですね。

性能だけじゃなくて、見た目を重視するならテトラクールファンは除外されるでしょうし、効果重視ならクールファンだと思いますし…悩みどころかもしれませんね(^^♪

ここで紹介したファンで自分のアクアリウム環境に合わせたものを選ぶのがおすすめの選び方になると思います。

 

-検証・その他

Copyright© アクアリウムのあれこれ無料動画サイト , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.