立ち上げ・レイアウト関連

小型水槽のセットは底面フィルターがおすすめ!小型水槽の立ち上げ手順も

更新日:


小型水槽のセット・立ち上げの手順を紹介。
おすすめは底面フィルターの利用!
底面フィルターで小型水槽の狭さを補う。

 
小型水槽の立ち上げ方を動画も含めながら解説をしていきます。大磯砂や砂利を使いたいなら底面フィルターがおすすめです。

おすすめの理由は小型水槽の狭いスペースを有効活用できるから。生体はベタでもメダカでもネオンテトラでも小さめの生体ならすべてに応用が可能です。

汚れた水も動画作成者のアイデアで有効活用しています(^^♪

youtyubeの姫chさんから動画を引用しています。

 



 

小型水槽のセット立ち上げに必要なもの

小型水槽を立ち上げるために必要なものをまずは解説したいと思います。今回の動画と全く一緒ではありませんが基本的なものを紹介します。

    ・小型水槽(お好みの小型水槽のサイズで)
    ・底面フィルター
    ・エアーポンプ
    ・大磯砂

基本的な小型水槽のセットにはこれで大丈夫です。あとで動画をみて真似たいところは真似てみるとろ過も強化できますし、水耕栽培・ハイドロカルチャーも鑑賞できていいと思います( *´艸`)
 

小型水槽のセットを動画で【前編】

動画ではベタ水槽ということですが、ベタに限らずほかの生体でも問題なく応用できるのでベタは気にせず動画を確認してみましょう
 


 
色んな工夫がされていましたね。

上部フィルターのようなハイドロカルチャーの容器が作られています。この容器にろ材を詰めれば上部フィルターとしても活用できますし、ハイドロカルチャーとしても利用できます。ハイドロカルチャーでも植物が水をキレイにしてくれるのでおすすめではありますよ(^_-)-☆

ここで気づいてほしいのは「なぜ底面フィルターが小型水槽のセットでおすすめなのか」というところです。冒頭に少し書いていましたが、小型水槽はただでさえ狭いのにスポンジフィルターや水中モーター式のフィルターを使うとそれだけで小型水槽内の狭いスペースを占領してしまいますね。

しかし小型水槽のセットで底面フィルターを使用すると水槽内にはパイプが一本通るだけなので見た目もすっきりしますし、スペースも無駄に取りません。そういったところから私は底面フィルターをおすすめしています。底面フィルターは生物ろ過も強力ですしね。

さて、小型水槽のセットで底面フィルターを使った立ち上げ方法の前半はここで終了です。個々から後は砂利のセットなどをしていきます。
 

小型水槽のセットを動画で【後編】

それではおすすめの小型水槽のセット・立ち上げ方法の後編です。後半の動画でもハイドロカルチャーの植え込みなどがありますが、これはとくに必要というものでもないのでとばしてもOKですが、これをすることで水の浄化作用もより強化できるのでやって損はありませんよ(^_-)-☆

それでは動画を確認してみましょう。
 


 
動画では白い砂利を使用していましたが、白い石はどうしても汚れが目立ってきてしまうんですよね(;´∀`)
白にこだわらないでいいのであれば普通の大磯砂利がおすすめです( *´艸`)

おすすめの小型水槽のセット・立ち上げとしてはここまでで終了ではあります。この後はフィルターを稼働させてろ過バクテリアが繁殖するのを待つだけですね。

そのまま放置しておいてもそのうちろ過バクテリアは繁殖しますが、アンモニアを添加してもいいですしパイロットフィッシュを導入してもいいですね。どうやってろ過バクテリアを定着させていくかは個人の考え方や好みにもよります。

ろ過バクテリアの定着に関しては別の記事で解説しているのでこちら【ろ過バクテリアの立ち上げ方法】を参考にされてみてください。

 

動画の続きが気になる方はこちらから

おすすめの小型水槽のセット・立ち上げはもう終了ですが、動画の続きが気になる人も少なくないという人もいると思います。もうちょっと見ていたい・聞いていたいという人のために続きの動画をつけておきますね。

この動画では水槽のフタの自作などの工夫もあったりしておもしろい部分もあります。
 


 
いかがでしたか?自作も面白いですよね。姫さんのアイデアも活用するといいと思います(^_-)-☆
 

まとめ・コメント

おすすめの小型水槽のセット方法についてまとめました。

底面フィルターをおすすめする理由は生物ろ過がしっかりできることと小型水槽内のスペースを取らないこと・外観がすっきりすることです。動画でフィルターの存在が気になることはなかったと思います。もしブクブクタイプや上部フィルターのモーターや配管があればとても目立ってしまいますからね。

ソイル環境では底面フィルターはおすすめできませんが、砂利水槽で生物ろ過を聞かせたいなら底面フィルターは間違いないでしょう。

姫chさんの動画を参考にしていろんな工夫をしてもとても面白いと思います。真似ることができる部分はしっかり吸収して自分のアクアリウムでもしっかり活用していきたいですね(^^♪
 

【トップページにもどる】

 

 

 

 

-立ち上げ・レイアウト関連

Copyright© アクアリウムのあれこれ無料動画サイト , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.