立ち上げ・レイアウト関連

【アクアリウム】水草水槽レイアウト上達のポイント・コツを紹介!

更新日:


アクアリウムの水草レイアウトが上手くいかないという人も。
レイアウトの上達のために動画でコツを紹介!
ポイント・コツを掴んで美しいレイアウト水槽を。

 
アクアリウムを始めるときはなにかと情報を仕入れるためにネットで検索したりするものです。何気なく始めたアクアリウムだったのに水草レイアウト水槽を見つけて本格的に水草レイアウト水槽を始めたくなる人も多いものです。

レイアウト水槽は予想通りちょっと敷居が高く難しいところがあり、とっつきにくいことも。そこで考えるのは「どうしたらこんなにきれいにレイアウト水槽を作れるのか…」というところだと思います。

ポイント・コツさえしっかりとおさえることで、じつはレイアウト水槽は上達が早くなります。今回はそんな水草レイアウト水槽のレイアウト技術が格段にアップする上達のポイント・コツをあれこれ無料動画と解説で紹介します。





 

前景草・中景草・後景草を使う

アクアリウムで使用する水草の種類は数多くありますが、どれも前景草・中景草・後景草に分類されています。これらをそれぞれの位置に植栽することがひとつのコツです。

前景草は水槽の最前列に植栽してその後ろに中景草、最後尾に後景草を植栽します。まずは下記の動画を見てみましょう。
 


 
動画をみるとわかったかもしれませんが、後景草や流木の根元を隠すように中景草を植栽して、中景草の根元を隠すように前景草を植栽するのがコツです。

三角構図などの単語も出てきましたが、文言よりもどんな配置をしているのかというのをたくさんの画像や動画で確認するのも上達のコツでしょう。
 

水草がどんな成長をするのか下調べする

水草がどんな成長をするのかを知ることも大切なコツです。

とくに後景草は上に伸びますが葉っぱも密集しやすくボリュームが出やすいものです。まるで大きな花束のように扇型に広がってしまうこともあります。下記動画を参考に見てみましょう。
 


 
水草がモッサモサになればトリミングをすればいいのですが、将来的にどんな広がり方をするのかが予測できればより想像通りのレイアウトの構図になるでしょう。

先輩のレイアウトを真似てみる

頭だけで考えていても始まりません。いろんな動画やレイアウト水槽の画像を参考にしてそれを真似していきましょう。実際に植栽をしていくことでコツがつかめてくるものです。

そこでポイントになるのは真似る水槽と同じ水草を使わなくていいというところです。上級者などの使う水草は育成が難しいものがあり、尚且つ効果で枯れやすいものがあったりします。

初心者で二酸化炭素の機材や水草育成に適した照明を準備できないうちは、初心者向けの水草を使えばいいです。使いやすい水草の一例を紹介します。

    〇前景草:グロッソ・ショートヘアーグラス・ピグミーチェーンサジタリア
    〇中景草:クリプトコリネ・ブリクサショート・アヌビアスナナ
    〇後景草:グリーンロタラ・マツモ・アナカリス・バリスネリア

解りやすい例として画像を挙げたいと思います。
 

 
上記の画像のレイアウトは全体的に素晴らしいですが、それよりも見てほしいのは前景草から後景草までの配置です。わかりやすいのではないでしょうか。

複雑なレイアウトなどもたくさんありますが、まずは真似できそうなものから選んでアクアリウムのレイアウトの技術を上達させてコツを掴んでみましょう。
 




 

感想・おわりに

なんだかんだ解説してきましたが、本気で納得できる水草レイアウト水槽を作るのはなかなか難しいですよね(;´∀`) 

私も水草水槽をやりますが、本心から納得できるような水草レイアウトを作るのはなかなか…どこか妥協して「こんなもんだろ・ここまでできればいいね」という感じだったりします。

でも綺麗なレイアウトを真似することで、難しい構図を知らない私でもそれなりのレイアウト水槽は作れるようになりました(^^♪

ぜひ皆さんもいろんなレイアウトを真似してコツを掴んで楽しいアクアリウムを続けていきましょう。
 

【トップページにもどる】

-立ち上げ・レイアウト関連

Copyright© アクアリウムのあれこれ無料動画サイト , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.