自作・改造・工夫

アクアリウムのDIY。エアーストーン?を自作!

更新日:


アクアリウムのDIY。エアーストーンの役割を果たすものを自作!
エアーストーンがないときの応急処置にも最適!
自作だから楽しく作ることができます!

 

アクアリウム用品はいろんなものが自作で作ることができたりします。とはいえ自作はどうしても見た目がちょっと残念にはなりますが…

エアーストーンが欲しいと思ってもすぐに準備できないこともありますね。買えば安いものなら数百円で購入できるものですが、わざわざ買うまでもなく応急処置的に使いときなどに便利です。

自作方法を動画で確認して、さらに簡単に作れる方法を考察してみましょう。



エアーストーンを自作してみよう!

エアーストーンっていろんな形のものがありますが、そんな難しいものを自作しようというものではありません。エアーチューブにちょっとした工作をするだけで"とりあえず"程度のエアーストーンの役割を果たしてくれるようなものが仕上がります。

まずは動画をチェックしてみましょう。
 


 

構造はとても簡単でしたね。エアチューブの先端に複数の穴をあけて先端の穴をふさぎ、送気の圧により細かい穴からエアーが漏れ出るというようなものでした。

動画ではエアストーンのパーツ?が先端に詰められていましたが、そんなに都合よくエアストーンのパーツなんかあるわけないですよね。

動画のエアストーンをより現実的にする

さて、エアストーンがのパーツがそんなに都合よくあるわけないのは当然ですね。私もこれまでエアストーンのパーツが取り置きしてあるなんて状況はありませんでした。

動画のようにキスゴムなどで固定することを前提に考えると先端に割りばしを突っ込んでおけば先端から空気が漏れることはないと思います。もし割りばしとチューブの隙間からエアーが漏れ出たとしてもそれはそれでちょうどいい感じの気泡サイズになるのではないでしょうか。

キスゴムがなかったとしてもエアチューブの先端を底床に突っ込んでおけば浮いてくることもないでしょう。
 



まとめ・おわりに

アクアリウムは既製品を使えば見栄えもよく観賞する分にも美しいものです。でも備品・機材もなかなかお金がかかってくるから全部を買うってなるとちょっと考えちゃったりするんですよね。外部フィルターとかですね。

エアーストーン自体は安価なものがあるので自作するという機会はなかなかないと思いますが、もし必要になったときにエアストーンがないときはこういう方法があることを覚えておくときっと役に立つことがあると思います。

こういうのはほかにも応用できるところがあるので、いろいろ考えてみると面白いと思います。例えばエアーカーテンとかですね( ^ω^ )

最後まで読んでいただいてありがとうございます。
シェアで多くの方に見てもらえることが励み・モチベーションアップになります(^_-)-☆
このページの最下からシェア・拡散してもらえると幸いです。

また、記事やサイトに関するご意見なども気軽に書いて頂けると励みになります。もちろんお返事もしますのでよろしくお願いします(^^♪
 

【トップページにもどる】

-自作・改造・工夫

Copyright© アクアリウムのあれこれ無料動画サイト , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.