魚・エビ・生体関連

いろんな種類の熱帯魚を混泳させる。こんな混泳も可能!

更新日:


熱帯魚を数種類飼育する【混泳】
種類によっては混泳させると攻撃・食べられてしまうこともあります。
混泳は個体差によっては考えにくい混泳が可能なことも。

 

アクアリウムではひとつの水槽で一種類の熱帯魚しか飼育しないということはあまりありません。やはりいろんな種類を混泳させてみたくなるものです。

種類によっては相性が悪くて食べられてしまったり攻撃の対象になてしまうこともあります。とくにサイズに差がありすぎるとエサと認識されることもありますね。肉食魚と小赤などがいい例でしょう。

混泳が難しいと思われるような組み合わせでも実際にやってみるとうまくいくケースもあります。

今回はいろんな種類の熱帯魚を混泳させることについてまとめます。混泳に関する面白い動画もあるので参考に視聴してみてください。




熱帯魚の混泳。一般的に混泳が難しい種類について

混泳については本当に個体差が影響することもありますが、一般的に「この種類とこの種類はダメ」と言われるものもあるのでいくつか紹介したいと思います。

アクアリストなら聞いたことがあるとは思いますが、混泳できない種類といえば小型魚なら【ベタ】ではないでしょうか。ベタは闘魚ともいわれるほど気性が荒く、とくに自分と同等かさらに小さな熱帯魚には攻撃的です。その中でも同種やヒレの大きなグッピーなどはとくに攻撃の対象になるようです。また、ヌマエビやレッドチェリーシュリンプはエサとなってしまうので混泳させる際には隠れるところを充分に確保するべきです。むしろ混泳させるべきではないでしょう。

大き目サイズの熱帯魚ならフラワーホーンやキングコングパロットなど攻撃的な生体も増えてきます。ほかにも攻撃的な種類はいますが、とくにフラワーホーンは単独飼育が推奨されていますね。

このようにアクアリウムでは熱帯魚を混泳させるときには、事前にどんな種類なら混泳させることができるかを調べてから混泳させるべきです。しかし時には【混泳大丈夫】と言われていても小競り合いをしたりすることもあります。こういうのは"個体差がある"と言われます。

熱帯魚に限らずですが同じ種類であっても気性が大人しいもの・荒いものなどいろんな性格を持った熱帯魚がいるということです。

とにかくここで言いたかったのは【混泳させる前に混泳が問題ないかを調査するべき】ということです。

数種類の熱帯魚を混泳させる

先に述べたように気性の荒いといわれる種類の生体でも、気性が荒い部分がありながらも混泳させることができる範囲の熱帯魚もいるようです。そんな熱帯魚の混泳のさせ方をしている動画が下のものです。

動画では肉食魚のスネークヘッドや人工的に交配させて作られたという気性のあらいキングコングパロットが混泳されており、さらには気の弱い比較的小型のシルバーシャークや小さめのプレコまで混泳させています。個人的には【よく食べられないな】といった印象でした。

それでは動画をチェックしてみてください。なかなか見ごたえのある混泳です。そういえばなかなか珍しい種類もいるのでそういった視点で見るのも面白いと思います。
 


 

時には攻撃もされるようですが混泳はできているようですね(;'∀')

流木の入っている地味な水槽でしたがキングコングパロットや真っ白なプラチナセネガルが映えてなかなかきれいでしたね。このように気性の荒い熱帯魚と、穏やかな性格の種類、小さな種類の熱帯魚でも場合によっては混泳が可能なんですね!



まとめ・おわりに

スネークヘッドって混泳させることができる種類だったでしょうか?シルバーシャークくらいのサイズなら餌にされそうですがそうならないケースもあるんですね(^^♪

なかにはベタもほかの小型魚と混泳させているケースもありますし、やはり【個体差】というのがあるのでしょうね。アクアリウムでは混泳でうまくいったりうまくいかなかったりするときに、比較的なんでも【個体差があるからね】で済まされることがあります(笑)

最後まで読んでいただいてありがとうございます。
シェアで多くの方に見てもらえることが励み・モチベーションアップになります(^_-)-☆
このページの最下からシェアしてもらえると幸いです。
 

【トップページにもどる】

-魚・エビ・生体関連

Copyright© アクアリウムのあれこれ無料動画サイト , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.