魚・エビ・生体関連

小型水槽におすすめの熱帯魚を動画で紹介!群泳の映えるファイヤーテトラ

更新日:


小型水槽だと飼育できる熱帯魚にも限りが出てきます。
熱帯魚の数が限られるなか、ぜひ飼育してほしいファイヤーテトラ。
おすすめの理由は美しい赤と群泳が映える!

 
小型水槽だと水量も少なくどうしても飼育できる種類に限りがあります。そんな中でおすすめしたい熱帯魚を紹介します。

今回紹介するのはファイヤーテトラです。ファイヤーテトラの特徴などもあわせて紹介したいと思います。

 



 

小型水槽におすすめのファイヤーテトラとは

ファイヤーテトラとはレッドテトラとも呼ばれていて、どちらも正解です。

下記の動画を見てもらえばわかりますが、レッドテトラは透明感のあるオレンジ~赤の美しい体色をしている熱帯魚です。

体調は2.5㎝程度まで成長しますが熱帯魚の中でも最小サイズの魚になります。
小型水槽でおすすめしたい熱帯魚の理由のひとつがファイヤーテトラが最小サイズであるということです。

小型の体格であることもありますが群泳する習性があり、茂った水草の周囲などに特に群れます。緑の水草にも美しいファイヤーテトラの体色が映えますし、緑の水草を際立たせる効果もあります。赤色の水草の育成ができないときにもファイヤーテトラはおすすめです。

小型水槽のサイズにもよりますが、群泳させるのであれば最低でも10匹はいれることをおすすめします。水を汚しにくいファイヤーテトラなので管理をしっかりしていれば問題ありません。

性格はとても温和で同種同士でもとくに争うことはなく、もちろん多種との争いもほとんどないという点も小型水槽におすすめしたい熱帯魚であることのひとつです。

小型魚ですのでエサはフレークタイプの熱帯魚用の餌などテトラ用のものを利用するといいでしょう。

購入時はストレスなどから体色があまり美しく感じないかもしれませんが、小型水槽の水質に慣れてエサも食べるようになってくるととても深いオレンジ~赤い色を出してくれます。

寿命は2年以上はあるのでそういった点でも小型水槽におすすめの熱帯魚です。比較的水質の変化には強いのですが購入時はまだ若いものばかりで抵抗力がないためできるだけ水温の変化などには留意してほしいところです。水質の変化にも強くなってくる点も、水質の変化しやすい小型水槽におすすめしたい熱帯魚である理由のひとつです。

小型水槽で水質を安定させることは簡単ではありませんが、ファイヤーテトラは弱酸性の水を好むので、できればソイル環境だと水が弱酸性になりやすいのでソイルで水草を植えるなどした小型水槽にはとくにおすすめの熱帯魚です。
 

小型水槽におすすめのファイヤーテトラを観察

それでは小型水槽におすすめしているファイヤーテトラとはどういった感じに泳ぐのか、群泳をするのか動画で確認してみましょう。
 


 
動画ではファイヤーテトラ以外にもディープレットホタルテトラも混泳させてありましたね(^^♪
ファイヤーテトラとディープレッドテトラとの比較もできたのではないでしょうか。

動画では多くの種類の魚が混泳していましたが、ファイヤーテトラだけの群泳をとくに楽しみたい場合はあまり種類をいれすぎないことをおすすめします。
 

 

まとめ・コメント

水草水槽に限りませんがアクアリウムって比較的、緑が多い感じにどうしてもなってしまいますね。そんななかで鮮やかな熱帯魚がいることでアクアリウムの見栄えがとてもよくなります。

私は水草でとくに赤系の水草飼育がにがてだったので赤い水草のかわりにファイヤーテトラを泳がせて見栄えを浴していました(笑)
魚の赤も映えますし、水草の緑も引き立ててくれます。

小型水槽でおすすめの熱帯魚はこれだけに限りません。これからも小型水槽でおすすめの熱帯魚をご紹介したいと思います( *´艸`)
 

【トップページにもどる】

 

 

-魚・エビ・生体関連

Copyright© アクアリウムのあれこれ無料動画サイト , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.